.

不気味の谷現象というやつが世の中にはあります。善悪の屑

ロボットや人形、3DCGグラフィックスなど、ある程度人間に似通ってくると本物の人間との細かな差異が目につき、嫌悪感を覚えたり不気味に見えたりするというものです。薬用クリアエステヴェール 色選び方

実際のところ科学的な裏づけがないと批判されている説でもありますが、人型を目指すロボット工学において一応考慮しておくべきことなのかもしれませんが……だからと言って、人型じゃないからと言って、思いっきり不気味なデザインだって構わないんだぜ!なんてことは全くないことを教えてくれるのが、アメリカ生まれのイカした四足歩行ロボット「BigDog」でしょう。原一探偵事務所の評判と無料電話相談

ロボットならこのサイトに注目!→ロビ←です。女の子 産み分け

人間の下半身が向かい合って配置され、上に棺みたいなでっかい箱が付いているといった外観のビッグドッグは、悪路でも踏破可能な軍用の荷物運搬用多脚型ロボットとして実験的に開発された経緯を持ち、事実それにふさわしい凄まじいバランス維持能力を持つのですが……歩行姿がキモい。エステナードリフティとララルーチュレジーナを徹底比較!

どこまでもキモい。

というか怖い。

横から蹴っ飛ばされてもなおバランスを維持して倒れない、CPU性能とそれを実現するハードウェアの素晴らしさは見るだけでわかるのですが、そのバランス維持の仕草がやけに人間っぽいので、不気味の谷ってあるんだなぁ……ということをなんとなく教えてくれます。

姉妹機みたいなもので「WildCat」という高速機動型のものも開発されており、こちらはかなり牛や犬っぽい外観に近づいており、走る姿も馬や犬に似たものなのでかなりマシなんですが……。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.mfassociation.org All Rights Reserved.