.

この度は為替の市場に関しての本質的原因についての話題です。80-6-139

為替相場というのは「直接金銭の送金をすることなく資金のやり取りの意図を遂げる取引」を言います。80-18-139

通常為替相場とはおおかた国際為替を示すというケースが普通です。80-8-139

外国為替といえば通貨の交換を指します。80-7-139

他の国へ旅行(韓国、マレーシア、アメリカなど)などしたことがあれば、外為の体験があるはずです。80-16-139

近くの銀行に行って旅行先の金銭と交換したならばそれが国際の為替です。80-11-139

為替市場を簡潔にいうと、買い手と売りたいと思う人の金額を表したものです。80-17-139

銀行間の取引の末に決定されます。80-5-139

その銀行はマーケットメイカーと言われている世界のいくつかの銀行です。80-9-139

為替レートは周辺からの働きかけを受けつつもなお引き続いてみるみる変動します。80-15-139

為替のレートを動かす要因となるのは、ファンダメンタルズというのが挙げられます。

ファンダメンタルズの意味とは経済の基盤や様々な要因のことを指します。

国における経済の拡大や景気の状態、物価の水準、国際収支統計、失業者の割合、要人発言と言った事柄が絡んで為替レートは変わり続けます。

貿易収支と失業者数は影響力が大きいと思われます。

国際収支というのは日本でいうと財務省よりの指示で中央銀行(日本銀行)通関統計を使ってまとめた外国とのある日数の貿易を書いたものです。

経常収支は中央官庁や日銀のHPの中で見られます。

雇用者の統計、失業者の割合も重要視される場合が多い原因です。

特に米国雇用者の統計は影響します。

月に一度発表され調査の範囲が幅広い点がポイントです。

為替の動向はその国の経済の推移と言えるでしょう。

その国の経済の動きを見ることによって為替レートの状況の見極めができると言う結論です。

Copyright (c) 2000 www.mfassociation.org All Rights Reserved.