.

車の事故があった場面で自身が被害者であっても、事故を起こした人がミスを一切容認しないという事例はかなりみられます。78-13-139

例えば、わざとではなく少し他のことに気がいったことで車を当てられた際に、こういう水掛け論にうつってしまうケースがありそうです。78-6-139

かといってそのまま物損と対応されて、時間が経過して後遺症が出てからかかった病院の診断書を警察署に提出するというのは対応が遅れるのは仕方がなくなってしまいます。78-11-139

それでは自動車事故の過失割合は何らかの認定基準が設定されているのでしょうか?しっかりと申し上げますと警察署が確定するのは主に交通事故の原因が存在するのはどちらであるかという内容であって、どちらに何割過失があるのかというわけではありません。78-15-139

さらに言えば、明確にされた責任者が警察署から明らかにされる事はという事は有り得ないです。78-12-139

このため、過失の割合がどうなのかは当事者のやり取りの結果により決定されそれが自動車事故の賠償の算定のベースと判断されます。78-10-139

この場合に、共に任意で加入できる保険に加入していない場合には、当事者同士がダイレクトに協議します。78-9-139

ところが、当たり前ですがこの交渉では、感情に走った問答になるケースが存在します。78-3-139

その上、互いの言い分にギャップがあれば最悪の場合、裁判所にまで進みますが、年月と裁判にかかるコストかなりの損害は避ける事が出来ません。78-17-139

そこでほとんど各々の当人に付く自動車の保険屋さん、そのそれぞれの保険の会社にやり取りを委ねる方法を駆使して、正しいどちらに何割過失があるのかを客観的に結論付けさせるのです。78-20-139

その場合には、自動車保険の会社はそれ以前の自動車事故の裁判が行われ、出た判断から導き出された基準、判断例等を参考に、仮定とやり取りを交えてどちらに何割過失があるのかを出します。

と言っても、車での事故の場合では遭遇したのか起こしてしまったのかの状況を問わず、まず最初に警察に連絡するのが大切です。

その上で、保険の会社に電話して今後の対応を頼むのが順序になります。

ちゃんとしたやり方さえ把握していれば双方の不毛な議論となる場合を回避できるに違いありません。

Copyright (c) 2000 www.mfassociation.org All Rights Reserved.